LED照明に買い換える前に比較をしよう

LED照明比較 Search Navi

LED照明に乗り換える前に

LEDとは、日本語名にすると発光ダイオードと呼ばれるもので、近年になって耳にする機会が増えてきたと思います。この背景には、節電の意識が強くなってきたこと、そして、節電によって環境やコストなどの面で優秀であることが注目され、様々な電子機器や照明器具に使われるようになり、注目されるようになりました。

 

しかし一方で、「LEDにすればいい」といった漠然とした意識で購入を決める人も多く、その性能や特徴、メリットやデメリットについて深く知らない人も多くいます。

 

ここではLED照明を取り付ける前に知っておきたいこと、従来の電球や蛍光灯とどのように違いがあり、比較すべきポイントはどこかを紹介したいと思います。

節電するといった風潮

日本でLEDが導入されるようになってきて10年近く時間が経っていますが、日本全国でLEDが普及するに至った理由として、東北地方太平洋沖地震の影響から電力の消費について国家、民間レベルでの見直しがされるようになったのが切欠といわれています。

 

最近では珍しくもなくなりましたが、道路などで見る信号機にLEDが使われていたり、携帯やパソコン、テレビといった身近な電子機器でもこのLEDの技術が使われています。

 

こういった風潮から、LED=節電、LED=お得、LED=優秀といった考えに至ったと見ることができるのです。
しかし、LEDが全てにおいて従来の照明器具とまったく違う、または優れた照明器具であるのかと聞かれると疑問の声もあります。

 

この疑問点について知ることで、LEDを正しく比較して評価することが必要になります。

評価、比較をするための準備

従来の蛍光灯や電球とLEDとの違いについて知ることは重要ですが、比較や評価をするためには何に重点を置いて調べればいいのか?といった疑問がまずくると思います。

 

まず、照明器具として評価、比較をするのであれば、第一にもってくるのがコストです。
コストとは、照明器具としての価格であったり、消費電力のことを言います。蛍光灯や電球といった従来のもとのLEDのコストを比較することが重要です。

 

また、照明器具としての明るさと寿命も大切です。
明るさが違うのは照明器具で使う場所で色々な光の使い方が必要になるので、どのようにして明かりを確保することが出来るのかを比較すること、そして照明器具として寿命がいったいどれぐらいのもので、交換は簡単なのかといった点も比較、評価をす重要なポイントになります。


ホーム サイトマップ