家のどこをLED照明に変えたらいいのでしょうか?

LED照明比較 Search Navi

家にLED照明を設置する場所

LED照明の特徴は以前にも紹介しましたが、寿命が長く、点灯が早い、そして発熱が少ないといった3つの特徴から、家の中でどこへ設置するといいのか考えてみました。

 

家の中、外すべての照明をLEDにしようと思っている人もいるかもしれませんが、LED照明は従来の電球よりも価格が高いため、家の照明をすべてLEDに変更すると初期費用がかなり高額になります。そのため、実際に自宅の照明をすべてLEDに変えるのはコスト面を考えて行う必要があります。

 

では、どのような場所にLED照明を設置すればいいのでしょうか?

 

LED照明の設置場所には、LEDの特徴をもう一度よく確認しておく必要があります。
特徴から適合する家の証明を設置する場所として以下の場所があげられます。

 

・玄関(門扉や玄関扉の前)
・階段
・洗面所やトイレ

 

もっともLEDの効果を高めてくれる場所としては以上の3か所を挙げることができます。
玄関や階段といった場所は、段差などがあり、すぐに明かりがつかないと躓いてしまってケガをする可能性もあったり、玄関前を明るくしておくことで、防犯対策などにも効果があります。
洗面所やトイレも玄関と階段に設置する理由と同じで、ある程度の明るさがないとケガの恐れがあったりしますので、この3か所はLED照明を設置するのに適していると思います。

 

また、家の外に設置する場合には、感知式ライトの電球として使ったり、表札など夜に文字が明るく見えて、夜の間ずっと点灯しておく必要がある場所に設置するといいでしょう。


ホーム サイトマップ