LED照明の主な特徴の紹介

LED照明比較 Search Navi

特徴を紹介

LED照明が他の照明と違う、その特徴についてまとめました。
主にLED照明の特徴として挙げられるのは、以下の3つがあります。

 

「寿命が長い」
「点灯が早い」
「発熱が少ない」

 

寿命が長いについては、従来の白熱電球が早い場合だと1000時間程度で寿命を迎えるのに対して、LED照明では製品の違いはありますが、短いものでも20000時間、およそ白熱電球の20倍の寿命を持っています。また、実験結果などを参考にするのであれば、60000時間以上の期間を交換することなく使用することが出来るといわれており、およそ6年間交換いらずで使える計算です。

 

点灯が早いというのは、電源スイッチを入れてから電球に光が灯るまでの時間のことをいいます。白熱電球の場合には、点灯までにスイッチを押してからのラグが若干あったり、点灯するために数度明かりが瞬いて点灯するといったことがありますが、LEDの場合にはこれらの症状がほぼなくなり、点灯までのラグが無いと言っていいようです。そのため、公共の場所での電光掲示板や信号機、または緊急避難経路などの非常灯に使われるケースが多いようです。

 

発熱が少ないという特徴については、電球は電気を使って灯るのに、少なからずの熱を発しており、この熱によっては火事の原因や火傷の原因になることもあります。しかし、LED照明の場合には、人肌程度の熱しか発していないために、そういった事故が起る可能性が低くなっています。

 

以上の3つの特徴のほかにも、近年ではLED照明の研究と製造が各社メーカーで進められており、さらに効率の高いLED照明が登場するかもしれません。


ホーム サイトマップ